アトリエAURORA (あうろら) 誕生秘話と、改めまして自己紹介。

CONCEPT

 

こんにちは、いなふくなつきです。

わたしが、アートテラピーを学ぼうと思ったきっかけ、それは、息子の描いた1枚の絵にありました。( 絵というか落書きですが 笑 )
息子が2歳を過ぎたころ、保育園でのお絵かきの時間に、黒のクレヨンで、ぐちゃぐちゃ~っと塗りつぶした絵を描いてきました。

色彩心理とかは、なんかよく分からないけど、とにかく黒を使うって、なんか心がヤバいときじゃない ?!と思いました。
なんかそう思いますよね ?!「 心の闇 」みたいな ?!

まだ、言葉でうまく気持ちを伝えられないこの時期は、どんなことを考えているのか、何を感じているのか…。我が子のことなのに、分かってあげれてないな。そう感じたのです。

この子は、何を伝えようとしているのかな?

それが、色や画材、タッチなどで読み解いていける、アートテラピーというものがあることを知ったのです。
まだ、形にならない絵でも、自分の意思で使いたい色を選ぶことができる2歳ごろから、アートテラピーは可能です。

学んでいくと、この「」とゆう色はマイナスの意味だけでなく、言語を覚えていく過程で、脳が働いているときにもよく使う色だそうで…。
ちょうど、2歳を過ぎて、言葉をたくさん話はじめた頃だったからそうだったのかな…!なんてちょっと安心したり…。

そんな、言葉にできない母と子のコミュニケーションにもなります。

母親の心の不調は、子どもの不調につながる。そして、子どもの心の不調は、母親の不調につながる。
わたしがイライラ、トゲトゲ、ガミガミしていると子どももイライラ、イヤイヤ!言うことを聞いてくれません…(泣)

わたしは、母と子の心は密接につながっていて、母親の心の安定には、子どものストレスをケアしてあげることが必要なのではと思います。
それを、わたしが好きな「絵を描く」ことで、ケアしてあげることができるアートセラピーに出会い「これだ♡」と思いました。

好きな色、画材を使って自分を自由に表現することによりストレス解消 ( 自己治癒 )につながる。
それと同時にやわらかい心と、創造性を育むことができる。

無意識にとる色には、ちゃんと意味があって、それを、わたしたち親が受け取ってあげられたら子どもにとっても、うれしいことだと思います ^^
その無言のメッセージに、涙がでたり、なんだかより愛おしくなったり…♡

子育ては、大変で正直イライラすることも多いですが(笑) アトリエAURORA (アートテラピー) を通して、たくさんの親子がHAPPYに🌈✨
ママも子どもも、気持ちが軽く♩今よりもっと、優しい時間が増えたらな♡と願っています。

 



🌱柔軟な心と創造性を育む🌈
こどもアトリエ AURORA ( あうろら )

▷ こどもお絵かきカウンセリングコース
「わかる」ことでママのココロを軽く♡ こどものSOSを見逃さない!

今、なぜ 柔軟な心と創造性が必要か?
これからの時代に、柔軟な心と創造性が注目されているワケ

▷ アトリエAURORA (あうろら) とは?

わたしが、AURORA (あうろら)に込めた想い


 

 

ピックアップ記事

よく読まれている人気記事