今、なぜ 柔軟な心と創造性が必要なのか?

色彩あーとセラピー

 

今、「 柔軟な心 」と「 創造性 」が注目されています。

 

柔軟な心とは、柔らかいこころ。

つまり、「 折れないこころ 」のこと。

 

なにかとストレスの多い時代です。

 

結果ばかりをを求められて、心が休まらない。

他人と比べて、落ち込んでしまう。

心に余裕がないから

人の顔色を必要以上に気にしてしまう。

 

気付かないうちに限界が~~~

 

我慢しなくていいよ。

強くなろうとしなくていいよ。

そんなに、自分を傷つけなくていいよ。

 

大人になるってこのうゆうことなの?

 

 

折れるまで耐え続けるのではなく、

折れない心を、幼いころから育むことが大切です♡

 

なんだが「 折れない心 」と聞くと

「 ストレスにも揺るがないガマン強さ 」

みたいなものを想像しがちですが

折れない心とは、強い心ではありません。

 

折れない心 」とは、柔軟な心。

 

力ずくで打ち負かすのではなく、

受け流す「しなやかさ」です。

 

ストレスに弱い人と、強い人。

何が違うと思いますか…?

 

後者の場合、

ストレスをストレスと感じていないとゆう

受け流す力(しなやかさ)があるのではと思います。

 

この「 受け流すしなやかさ 」が

現代とこれからを生きていく子どもたちに

必要なことではないかと、わたしは思います。

 

 

そういった、折れない心の育て方は

「 もっと強くなりなさい 」とか、

「 優れた人間になりなさい 」とか

ゆうことではありません。

 

ただ、柔軟であればいい ♡

 

心をふわふわにしておけば

折れることもないですよね。

 

決めつけないこと。

固くならないこと。

変化を受け入れること。

他人と比べないこと。

 

アトリエ AURORA (アートテラピー)では、

絵の指導は一切行いません。

 

なので、

大人に評価を気にしたり

他人と比べる必要も 全くなく

 

絵や、色を通して

自由に思いのままに 自分を表現することで

それらが、自然と身に付く

安心した場所をご提供しています🌱

 


大切なのは、それを育むこと。

 

 

そして、

これから将来にかけて、なぜ

創造性 ( クリエイティビティ )が

重要視されていくのか、ですが

 

今、ロボットやAI (人工知能) によって、

10年~20年以内になくなる仕事

というものが出てきていますよね。

 

わたしも、ドキドキしながら

その内容を読みましたが…!

 

20年以内になくなると予想されている仕事は、

  • 飲食店・小売店の店員
  • ネイリスト
  • レジ係
  • 電話販売員
  • データ入力業務
  • タクシー運転手
  • テクニカルライター

など、があります。

以上のものは ほんの一部で、まだまだあるようです。

 

では、なくなる可能性が低い仕事は?

  • 小学校教師
  • グラフィックデザイナー
  • 最高経営責任者(CEO
  • 弁護士
  • スポーツトレーナー
  • 写真家
  • ライター・作家・漫画家
  • 画家・彫刻家
  • イベントプランナー など。

 

こうして見ると、分かってくるのが

人にものを教えたり、大切な判断を下すのは

まだまだコンピュータには難しいということですかね。

 

 

そして、注目していただきたいのが

グラフィックデザイナー・写真家・ライター

作家・漫画家・画家・彫刻家 といった、

芸術関連の仕事が、多くランクインしていること。

これらの仕事は「人間の感性に基づく」

という共通点がありますね。

 

 

コンピュータは、情報の処理は得意でも、

人間の感性を理解することはできません。

( 今のところね 笑 ) ←こわっ!

 

なので、感性が関わってくる芸術関連の仕事は、

コンピュータで代替することが難しいのです。

 

感性とは = 創造性のこと

 

何かを作ったり、何かを表現したりするには、

創造性が必要不可欠です。

 

今後、単純なルーティン作業はロボットが行い、

人間はもっと高度な「クリエイティブな仕事」

が求められてくるのではと思います。

芸術関連だけでなく、ほかの職種でもそうなっていくと

予想されています。

 

 

世界経済フォーラムの調査によると、

創造力 」は、2015年の時点では

10番目に必要なビジネススキルでしたが、

 

2020年の時点で

必要になると予測されるビジネススキルとしては

第3位に急上昇しているのです。

( なんと、あと2年後…! )

 

 

そうした未来に備えておくためにも、

子どものうちから、

自分の持っている創造力を伸ばし、

それを育んでていくことが大切です

 

創造性は才能ではなく、育むことができるもの。

 

子どもたちが

安心して

自由に

思いっきり、

 

自分を表現し

自分を癒す

 

そんな場所を

そんな時間を

アトリエAURORA(あうろら)と

創っていきませんか…?

 

 

( という私も、まだまだ 柔軟な心と創造力を育み中です…🌱

共に成長していけたらなと思っています♡ )

 

 

 

 

🌈柔軟な心と創造性を育む🌈

こどもアトリエ AURORA ( あうろら )

▷ こどもアトリエ AURORA とは?

わたしがAURORA (アウロラ) に秘めた想い

 

▷ AURORA 誕生秘話

わたしがアートテラピーを学ぼうと思ったきっかけ

 

 

 

 

この記事を読んだ方が興味をもってる記事