診断結果は一生もの? なのに、何でアナリストによって結果が違ったりするの?

パーソナルカラーとは…?

 

今日はちょっとだけ、専門的な話になりますが…

 

私のカラー診断を受けた方にはもちろん

これから受けようかなとお考えの方にもぜひ、

知っておいていただきたいので…☝☺

 

最後までついてきてくれるかな (笑)

 

 

はじまるよ

 

このお志事をさせていただいていると、

以前にも、パーソナルカラー診断を

受けたことがありますよ~

という方が、いらっしゃいます。

 

最近では、

雑誌などにも取り上げられるようになり、

パーソナルカラー自体の

知名度が上がってきている分、

診断が2度目という方は珍しくなく、

中には、3・4回目という方も…!

 

なぜ、
「パーソナルカラーは一生変わりません!」
などと謳っているのに
何度も診断を受けに来る方がいらっしゃるのでしょうか…?

 

…なんでだと思いますか?

 

これから、受けようと考えていた方も

診断結果が、カラリストによって違うなら意味ないじゃん!

って感じですよね (;’∀’)A

 

 

何度も受けたくなる理由は、様々だと思いますが、

そのひとつに、

以前の診断結果に、納得できていない。

とゆうことも挙げられますよね。

 

 

よく、パーソナルカラー診断は

「 当たった 」とか

「 間違った 」といった

言われ方をすることがありますが

占いとは違います。

 

 

パーソナルカラリストの間でも、

どちらが正しいか、間違っているか

といった言われ方をすることがあるのですが、

 

コンサルタントによって、
結果に違いの出ることも大いにありえると
私は思うのです。

 

「 それって、どーゆうことよっ! 」

 

怒らないで聞いてください (笑)

 

パーソナルカラーの診断とは
大きく分けると4分類なのですが

( 流派によっては8とか16分類 )

 

「 ズバリこのタイプです!」と当てはまる方が
すべてではない とゆうこと。

 

人によっては、

「 こっちも似合うけどこっちもいいね♡ 」

とゆう、中間ぐらいの方もいらっしゃいます。

 

もちろん。います。

▷ 例えば、こんな方

 

人間の色素なのだら、複雑で当然

 

クレヨンの色みたいに、

「 これは赤で、これは青。」と、一言では言えないけど

人間も、色を持った、ひとつの個体です。

 

なので、

遺伝とかカロテンとかメラニンの量とか

(詳しく知りたい方は講座に来てね♡笑)で、

人間の肌の色は 決まってくるのですが

 

もちろん、

この4タイプに分類しきれない方も

出てくるわけですよね~。

「 じゃあ、16とか、もっと細かく
分類したらいいんじゃないの?! 」

と、思われるかもしれませんが…

わたしが、4分類にこだわるワケ

今から、言いますね。

 

それは、

あまり細かく分類しすぎると
活用できなくなると思うから!

 

これです ↓

これが、16タイプ。

 

例えば、

「 ライトスプリングが似合います。」

と、診断されたからと言って

実際にこの色味を、お店で探せますか?
自分で探せますか…?

 

わたしは、難しいのでは…と思います(;’∀’)

 

あくまで、これは私の考えで

16タイプ診断を否定しているわけではありません。

ここまで、詳しく分類してもらったほうが

分かりやすいし、使いやすい。とゆう方も

いるかもしれませんね (^^)

 

でも、わたしはやっぱり

シンプルな4分類に、これからもこだわりたいと思います。

 

なので、時には、

「 オータムも似合うけど、スプリングも悪くないですね♡ 」

といった、結果になることも…。

 

例えば、こうゆう中間ぐらいの方

( ↓16分類で言えばウォームスプリングかストロングオータム)が

「 以前の診断では、スプリングだったけど

今回はオータムだった…。」

「 間違ってたんだ 」

「 あのカラリストめ~ 」

となるわけです。笑

 

これが、カラリストによって診断結果が違ってくる理由!

( 単なる誤診の可能性も無きにしもあらず… ) シー(o|o)

 

 

ということで

ラナンの診断は4分類ですが

例えば、どちらも似合うなと感じたら

一つに絞ることにこだわるのではなく

 

「スプリングですが、あまり鮮やかすぎるのは苦手ですね」

とゆうふうに、

結果だけでなく、細かく内容お伝えしていく

オリジナルの手法をとっています。

 

中には、「ひとつの結果にこだわる」方や

同業者さんもご覧になっているかもしれませんが

すみません

これが私のやり方です(笑)

 

あまり、ガチガチに型にはめすぎると

パーソナルカラーに囚われすぎてしまって、

楽しめなくなると思うから。

 

楽しくないと続かないよね~

美容も何事も♡

 

 

○ 合わせて読んでね ▷ 診断結果をひとつに絞らないのは逃げ…?!

 

 

ピックアップ記事

よく読まれている人気記事