診断結果を、ひとつに絞らないのは 逃げダロ…?!

Autumnタイプ

前回、

アナリストによって診断結果が違う問題について

お話ししました。

▷ まだの方はこちら

 

診断結果が違う… その理由としては

単なる誤診 (笑←笑えないか) と、

どちらのタイプもお似合いになる

中間くらいの方がいるとゆうお話しを

させていただきました。

 

 

今までの私は、

診断結果は、ひとつに絞らなくてはいけない

とゆう概念の元

診させていただいていたのですが

 

やはり、認めざるを得なくなってきました…

中間くらいの方も存在すると。

中間くらいとは、つまり

どちらの要素も持っているとゆうことです。

 

 

そう認めてからは、すごく楽に…♡

自分らしく、診断&アドバイスができています。

 

 

じゃあ、例えばどんな人のことを言うのか…

私も好きです♡ 吉瀬 美智子さん。

(最近、連ドラシグナルが終わり寂しいです(;_:))

 

結論からいうと

彼女は、サマーオータムかで

意見が分かれるタイプかと…。

 

鮮やかな、スプリングウィンターの色味は

派手に見える…

彼女の雰囲気から浮いているのが分かります。

なので、Spring、Winterは外します。(消去法)

 

 

あくまで画面上の推測なので

映り方や、照明、メイクなどにもよるのですが

Summerタイプがこちら

このお写真では

お肌に透明感があり、やわらかそうな

サマータイプの特徴がよく出ていますね✨

 

○ 続いてこちら、Autumnタイプ

このお写真では

マットな質感で、黄味よりの肌に見えます。

 

こちらの雰囲気も、とても素敵ですよね♡

 

 

今度は、同じお写真で実験 (←ひまじゃないよ 伝えたいのに必死だよ笑)

○ こちらがSummer

 

 

○ 続いてAutumn

 

ね~っ!
どちらも悪くないでしょう?♡

 

どちらの雰囲気も素敵だと思います✨

 

 

おそらく、彼女は

1st カラー ☞ Summer (サマー) タイプ
2nd カラー ☞ Autumn (オータム) タイプ

かと思われます (^^)

 

 

吉瀬美智子さまのように

どちらも似合うな♡ 」と思うことがあれば

わたしは、診断結果を一つに絞ることなく

どちらもお伝えしています。

それは、一つに絞り切れないとゆう逃げではなく
選択肢を広げてあげることだと思っています。

 

選択肢が広いほうが、選びやすくなるし

似合う色に囚われすぎて、選べなくなる

とゆうことも軽減される

のではないでしょうか?(^^)

 

すべては

色を、楽しんで使っていただくために…♡

 

 

色彩美容Ra.nun認定 パーソナルカラー講座

\ あなたに合った 選べる3つのコース!/

■ カラーを日常に活かす

Level① セルフカラースタイリストコース

◼ カラーを仕事に活かす

Level② パーソナルカラーアナリスト育成

Level③ パーソナルカラーリスト応援コース

 

▷ カリキュラム詳細は、こちらから

 

 

ピックアップ記事

よく読まれている人気記事